金龍蔵 一ノ蔵

金龍蔵一ノ蔵は、宮城県栗原市一迫にて木造の蔵で手造りの技で酒を醸しています。

南部杜氏ベテランの蔵人6名が、昔ながらの小仕込みで丁寧に仕込んだお酒です。金龍蔵純米吟醸を発売する前も、伝統を重んじ繊細な大吟醸を醸していた幻の蔵です。心のこもった温もりのあるお酒です。是非一度ご賞味下さい。
一ノ蔵金龍蔵大吟醸掛搾り 宮城  全国60店舗限定流通品
金龍蔵 大吟醸掛搾り 720ml 4000円 箱入り 完売
一ノ蔵 金龍蔵において、酒造好適米山田錦を40%精米を原料に少仕込みにて丁寧に醸しました。主に鑑評会出品酒に用いる上槽法です。
掛搾り=袋取り雫酒 酒袋にもろみ入れてを吊るし雫のみを集めます。
1本のもろみから極わずかしか取れない希少で贅沢なお酒です。
金龍蔵 照井杜氏による自身の1本です。
果実のような吟醸香、上品でやわらかな旨みは至福の時間を演出します。
山田錦 40% +7 1.3
金龍蔵純米吟醸 限定流通品 宮城 日本酒 全国60店舗限定流通品
金龍蔵純米吟醸酒 1800ml 3000円 720ml 1575円
一ノ蔵金龍蔵は宮城県栗原市一追にて昔ながらの木造蔵で、地元の米で手作りの伝統を重んじ醸しています。(本社蔵も手造り)
落ち着いた甘みを感じる吟醸香、なめらかな口当たりしっかりした幅のある味わい。食中酒としておすすめです。飲み飽きしない上品なお酒です。
蔵の華 ささろまん 55% +3 1.5
一ノ蔵とは・・・
自然との共生を大切にし、伝統を守っていくこと。お客様に満足していただくこと。地域振興につなげること、これが一ノ蔵の酒造りの原点。この精神のもとに、浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店がひとつになり、昭和48年一ノ蔵が誕生しました。初代社長・松本善作は、各蔵元の若き代表者の4人に、「家族ぐるみでつき合い、喜びも悲しみも分かち合おう。力を合わせて新しい蔵を作り、できるだけ手づくりの仕込みを残した高品質の酒を造ってほしい」と願いを託しました。手づくりの仕込みは本社蔵、金龍蔵共に現在も忠実に守られています。
米と水
『米』
地元・宮城は日本有数の米の産地です。一ノ蔵の酒は、主原料である米のほとんどに宮城県産米を使用し、商品の特性にあわせて10種類以上の米を使い分けています。地元の農家の方々と「松山町酒米研究会」を発足し、酒造好適米の生産にも力を注ぎ、環境保全米も積極的に使用しております。
『水』
酒造用水としての条件は、無色透明、異臭味がない、中性または微アルカリ性であること。一ノ蔵では、本社蔵から1km程離れた大松沢丘陵地の地下水を処理し、それらの条件を備えた仕込み水として使用しております。
金龍蔵 金龍蔵 金龍蔵
金龍蔵 麹室作業中 金龍蔵 一ノ蔵 金龍蔵 一ノ蔵
金龍蔵 一ノ蔵 金龍蔵 一ノ蔵 金龍蔵 外観
金龍蔵 一ノ蔵 金龍蔵 一ノ蔵 金龍蔵 一ノ蔵

地酒専門酒屋 東京池袋 升新商店 ますしんしょうてん
〒171−0014 東京都豊島区池袋2-23-2 地図
 
TEL 03-3971-2704 FAX 03-3971-2704 メール
営業時間AM10時〜PM9時 定休日 日曜祝祭日
未成年者の方のお買い上げは出来ません。
お酒は20歳になってから!飲酒運転は法律で禁止されています。

Copyright (C) 2003-2007 升新商店 All Rights Reserved